nlpのプラクティショナーとは|コミュニケーションを上達

男の人

最短で資格を取る方法

ウーマン

社会人になってから、社会福祉士を目指そうとしても、受験資格によって諦めてしまうという人も多いのではないでしょうか。新潟には通信制で社会福祉士を目指せる学校があります。このような学校を利用することで、最短で社会福祉士の資格の取得も可能です。

Read More

資格の獲得を狙うなら

勉学

人の役に立てる立派な仕事である言語聴覚士になるためには、必ず専門的な学校に入り学習を受ける必要があります。昼間に学ぶことも夜に学ぶこともできますが、最終的に国家試験を突破しなければ有資格者になれませんのでご注意ください。

Read More

物理や化学の知識が必要

女の人

専門学校で男性から人気の高い学びが、ガソリンや火薬などの危険物を取り扱える危険物乙4などの資格が取得できる学びです。国家資格でもあり、合格ラインは厳しいものの、活用度を備えた価値から人気は急上昇しています。

Read More

米国認定の心理学の資格

ノートと筆記用具

提供できるサービスの特徴

「神経言語プログラミング」という比較的新しい心理学は、米国で創始されて現在ではnlpと呼ばれて日本でも普及しつつあります。nlpは主に協会によるセミナーなどで学べ、専門家としての資格を授与されることで受講者自身がセミナーを開くことも可能です。代表的な資格にはnlpプラクティショナーがありますが、さらにその中にも2つの種類があるため、取得を目指す方はそれぞれの特徴を理解することが大切です。セミナーなどで専門的な知識を身につけたことを示すプラクティショナーは、資格取得と同時に自身のセミナーやカウンセリングで、習得した方法を実践できます。一方、セミナーなどのタイトルとしてnlpを掲げることができるのは、一つ上のnlpマスタープラクティショナーという有資格者のみです。習得した知識や技術をどのような形で活かすかによって、取得すべき資格が異なるという特徴があります。

高度な資格と協会の情報

nlpの知識を活かすための資格は基本的に「プラクティショナー」という肩書きがついていますが、更に上級の資格としてnlpマスターというものがあります。神経言語プログラミングの高度な知識や応用力を身につけたうえで、協会やセミナーの運営に関わったり、大規模なnlpの指導を行う際にnlpマスターという資格が役立ちます。必ずしも取得すべき資格ではないものの、指導を受ける側や協会関係者にとっては高い信頼性があることの一つの指標となる肩書きです。nlp関連の協会や団体は世界的に多くありますが、プラクティショナーなどの資格は基本的に米国で認定されるものです。そのため、米国の正式な協会から認可を受けているかどうかに注目して受講するセミナーなどを選びましょう。